日本代表・大会

2023年大会概要

「ボキューズ・ドール国際料理コンクール2023」

会期:2023年1月下旬
本選会場:シラ国際外食産業見本市(フランス・リヨン)

ボキューズ・ドール フランス本選への出場をかけ、通常は、世界4地区(アジア・パシフィック、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ)において大陸予選を開催。今大会はCov19の影響でアジア・パシフィック大会及びアメリカ大会が中止となり、ヨーロッパ大会およびアフリカ大会の2大会の開催になります。フランス・リヨンで開催される本選は、特別出場枠を含めた24か国によって競われます。
優勝までの道のりは長く厳しいものですが、世界のガストロノミーに触れ、多くのシェフのアイデンティティを感じ、さらに自国の文化や恵まれた食材を見つめ直す、キュイジニエ(料理人)にとっては最高の舞台です。

TEAM JAPAN

石井 友之シェフ(アルジェント)は、今回初参加で『ひらまつ杯2022』を制しました。株式会社ひらまつでの経験を活かし、フランス本選での表彰台、日本人初の優勝を目指します!

日本代表シェフ

石井友之(アルジェント)

叔父に憧れ料理の世界に飛び込み13年間、株式会社ひらまつで研鑽を積む。素晴らしい先輩や頼もしい後輩の刺激を受け32歳でボキューズドールに初挑戦。『毎日を大切に料理をしてきました。自分は一人では弱い存在です。沢山の方の助けがあるからこそ料理を作りコンクールにエントリーさせていただけました。この挑戦は一人のものでは無く今まで関わった全ての方に感謝して戦いたいと思います。』とボキューズ・ドール挑戦の理由を語る。